間伐・芝刈り・剪定はホテルの安全性を高めます

ガーデニングでホテルは変わります

業者が語る作業の重要性

間伐・草刈り・剪定は、ホテルの見た目の改善だけではなく、安全性の工場においても重要です。そのため、見た目だけ良ければいいと思っている方も多いです。しかし、これら作業は実際にはホテルの安全性にも深く関わっています。ここではそんな安全性についてお話しましょう。

害虫が発生して枯れることがあります(造園業者)

芝生を放置した時に起こるリスクで最も多いのが、病害虫の発生です。虫が大量に発生するので虫に刺されやすくなってしまいます。また、害虫の中には芝生を病気にし、見た目を悪くするだけではなく枯らしてしまう種類もあります。さらには害虫をエサにする鳥まで増え、糞害も多発してしまうので、ホテル周辺の環境が著しく悪化してしまいます。よって、こまめな芝刈りで害虫の発生を抑えなければなりません。

山地災害の危険性があります(造園業者)

間伐はホテルの安全を保つためにはほぼ必須です。多すぎる木は枝葉の影響で日光を遮りやすく、枝葉の下にある植物が成長しません。また、土も痩せてしまい、栄養不足となります。その結果、木自体も栄養不足に陥り、根をしっかりと張ることができなくなります。そして、雨で地面が流れ去ってしまうと支えを失い、木が倒れてしまいます。その倒れた木がホテルを直撃する危険もあるため、間伐により適度に間引かなければならないのです。

危険性の高い害虫が巣を作るかもしれません(造園業者)

病害虫は、芝生だけではなく木にも発生し、巣も作ります。剪定を怠り、風通しが悪くなって湿気が多くなった木というのは虫にとって住み心地の良い場所です。よって、剪定を行っていない木には大量に病害虫が発生します。木に巣を作る虫として、スズメバチなど危険性が高い虫もいるので注意が必要です。

まとめ このように、芝刈りや剪定、間伐は安全のために非常に重要な作業であり、業者に依頼して万全にしてもらうことで危険を大幅に減らすことができるのです。

TOPボタン